CLASS SCHEDULE

講座スケジュール

2019年夏期講座では、講座を受けようとする方の経験や興味に応じて三つの講座がございます

入門編「会話をつむぐ」

例えば喫茶店の片隅に向かい合って座る若い男女がいます。運ばれた飲み物に手も触れず押し黙っている二人です。やがてどちらかが口を開くとき、どんなことばが発せられるでしょうか。ことばを口にするときには周りの状況や本人の体調によってもその内容は変わってきます。演劇でいうところの「台詞(せりふ)」を考え書きながらことばについて考えます。一回二時間の全三回講座です。

対象

戯曲を書くことに興味があるけれど未経験の方、または戯曲を書くほどではないけれど演劇の台詞や日常で話す「ことば」について興味がある方

日程

7月17日(水)、24日(水)、31日(水)
いずれも10:30-12:30
受付終了

会場

中京いきいき市民活動センター
※地下鉄西大路御池駅から徒歩3分
リンク→

料金

6,800円(三回分通し)

備考

※参加者が少ない場合には開講がキャンセルされることがあります(受講料は全額返金します)

基礎編「物語をつむぐ」

会話が進めばことばをかわす人らの関係が見えてきます。やがてその人らを取り巻く状況も垣間見えるでしょう。相談や合意、破談などそれぞれの思惑が動き始めると物語が浮かび上がってきます。まずは10分程度の短編のつもりで。あらすじ(プロット)を考え登場人物や舞台となる場所を設えながら物語の設計図を準備して演劇の物語を書いてみます。一回二時間の全三回講座です。

対象

戯曲を書くことに興味があるけれどあまり経験のない方、または長い作品を書くほどではないけれどまずはワンシーンだけでも書き始めてみたいと思われる方

日程

7月24日(水)、8月7日(水)、21日(水)
いずれも19:00-21:00

受付終了

会場

京都市内の公共施設にて
※現在調整。決まり次第掲載します

料金

6,800円(三回分通し)

備考

※参加者が少ない場合には開講がキャンセルされることがあります(受講料は全額返金します)

実践編「作品をつむぐ」

従来からある下鴨車窓の戯曲講座と同じ内容です。構想から戯曲の完成までを目指します。一般受講生は講師と議論しながら作品を執筆します。聴講生は執筆はせずに一般受講生の作品を読みながら(講座の数日前に配信されます)講師と作者の議論を聴講します。

対象

戯曲の執筆経験者で戯曲作品を創作する意欲のある方

日程 ※3クラスあります

京都会場クラス

7月22日、8月5日、19日、9月30日、11月4日
いずれも月曜日19:00-21:00

Skype火曜クラス

7月30日、8月20日、9月3日、24日、10月22日
いずれも火曜日22:00-24:00

Skype金曜クラス

7月19日、8月2 日、23日、9月20日、10月18日
いずれも金曜日22:00-24:00

ただいま全クラスとも聴講生のみ受講受付中です

会場

京都会場クラス

中京いきいき市民活動センター
※地下鉄西大路御池駅から徒歩3分
リンク→

Skype火曜ならびに金曜クラス

インターネット回線とパソコンやスマホなど通信機器があれば全国どこからでも受講していただけます

料金

《一般受講生》<全5回>

申込金5,000円+受講料14,000円
※全5回の受講料は二回の分納が可能です(申込金は一括前払いのみ)
※一般受講生は他クラスの講座を無料で聴講できます

《聴講生》

<全5回>申込金2,000円+受講料6,500円

<一回のみ>受講料2,000円

備考

※お支払い方法は銀行振込かクレジットカードによる前払いです(聴講生の一回のみ当日支払可)

※参加者が少ない場合には開講がキャンセルされることがあります(受講料は全額返金します)