下鴨車窓『微熱ガーデン』2017.11-@studio seedbox(京都)ほかで巡演中 『純粋パレス』2018.2.17@京都府立文化芸術会館にて 下鴨車窓『冬雷』2017.10-11@こまばアゴラ劇場(東京)ほか 下鴨車窓『冬雷』2017.10-11@こまばアゴラ劇場(東京)ほか 下鴨車窓#14『旅行者』2016.8@座・高円寺(東京)ほか/撮影=松本成弘 下鴨車窓#14『旅行者』2016.8@座・高円寺(東京)ほか/撮影=松本成弘 下鴨車窓『渇いた蜃気楼』(初演時のタイトル=『わたしの焦げた眼球/遠視』2014.5-7@名古屋・七ツ寺共同スタジオほか)撮影=築地静香 OFT『わたしの焦げた眼球/遠視』2014.5-7@名古屋・七ツ寺共同スタジオほか/撮影=築地静香 下鴨車窓#12『漂着(island)』2015.6-8@京都・京都芸術センターほか/撮影=松本成弘 宮崎県立劇場 リーディングナウ2014『マッチ売りの少女たち』2014.8@宮崎・宮崎県立劇場 COOL GAIA-ベケットの路地裏から-『Krapp's Last Tape』2013.10+12@名古屋・七ツ寺共同スタジオほか/撮影=構久夫 下鴨車窓#11『建築家M』2013.5@京都・アトリエ劇研ほか/撮影=築地静香 下鴨車窓#9『小町風伝』2012.1@兵庫・アイホール 下鴨車窓#8『人魚』2011.7-8@兵庫・アイホールほか/撮影=清水俊洋 下鴨車窓#7『王様』2010.12@京都・アトリエ劇研ほか/撮影=築地静香 演劇引力廣島第6回プロデュース公演『マザーヒステリカ』2009.2@広島・アステールプラザ 下鴨車窓#5『書庫』2008.11@京都・アトリエ劇研ほか 日英現代戯曲交流プロジェクト『いつか、すべて消えてなくなる』2008.2@兵庫・アイホール/撮影=清水俊洋 宮崎県立劇場 リーディングナウ2014『マッチ売りの少女たち』2014.8@宮崎・宮崎県立劇場 COOL GAIA-ベケットの路地裏から-『Krapp's Last Tape』2013.10+12@名古屋・七ツ寺共同スタジオほか/撮影=構久夫 下鴨車窓#11『建築家M』2013.5@京都・アトリエ劇研ほか/撮影=築地静香 下鴨車窓#10『煙の塔』2013.2@京都・アトリエ劇研 下鴨車窓#9『小町風伝』2012.1@兵庫・アイホール 下鴨車窓#8『人魚』2011.7-8@兵庫・アイホールほか/撮影=清水俊洋 下鴨車窓#7『王様』2010.12@京都・アトリエ劇研ほか/撮影=築地静香 演劇引力廣島第6回プロデュース公演『マザーヒステリカ』2009.2@広島・アステールプラザ 下鴨車窓#3『旅行者』2008.3@大阪・精華小劇場

 

下鴨車窓が主催する舞台創作・公演

演劇公演『微熱ガーデン』

2016年に初演され、2018年からはレパートリー作品として巡演をはじめた同作品、今年度は大阪と松山へ参ります。

[脚本・演出]田辺剛
[出演] 中村彩乃、野村明里、吉田知生
[日程と会場]
 2019年10月@大阪と松山にて

下鴨車窓『散乱マリン』

2014年に関東地域だけで初演された『scttered(deeply)』をタイトルも出演者も一新!西日本のツアー公演です。

[脚本・演出]田辺剛
[出演] 西村貴治、福井菜月、澤村喜一郎、西マサト、岡田菜見、F.ジャパン ほか
[日程と会場]
 2020年1月@京都、3月@広島、4月@津

田辺個人の創作活動 ※主催者が下鴨車窓ではない舞台公演


アトリエ劇研シニア劇団 銀宴『いつかの街角』<新作>

NPO法人劇研が主催するシニア劇団の定例公演です。田辺が講師を務めて六作目になります。

[作]ナガイヒデミ[演出]田辺剛
[日程と会場]2019年7月6日(土)-7日(日)@京都市内にて


『タイトル未定』

<鋭意計画中です>

[日程と会場]未定

ワークショップ(講座)やトークイベントへの出演

講座/下鴨車窓の戯曲講座 

短編講座は京都市内の施設にて、長編講座はインターネットを介して全国どこからでも受講できます

[講師]田辺剛

fullsize

演劇の基礎を学ぶ場として再開しています。 

最新情報はこちらから

下鴨車窓などの最新の情報や観劇の割引案内をお届けします。

▼メールニュースでお知らせ

お名前 メールアドレス

▼LINEでお知らせ  友だち追加数

下鴨車窓『渇いた蜃気楼』プロモーションビデオ

2014年に初演してから2016年5月までに9都市10会場で上演されている下鴨車窓のレパートリー作品です。今後も各地での上演を目指しています。

下鴨車窓#12『漂着(island)』海外公演の記録

2015年7月に香港とマカオで公演をした時の記録映像です


田辺剛の戯曲作品

WindowsPCやMac、iPhone、iPad、Androidスマホやタブレット、Amazon Kindleで田辺の戯曲をお読みいただけます。試し読みもできますのでぜひ一度ご覧ください。画像をクリックすると詳しいページに移動します。